糖尿病の症状と予防

糖尿病の症状から予防、治療法まで糖尿病の情報を紹介しています。
糖尿病の症状と予防

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

グリコHbA1cとは 

現在糖尿病と闘病中のかたはご存知のはずですが、グリコHbA1cという指標があります。グリコHbA1cは、現在保険診療上、月に一回の測定が認められているものです。何故月にたった一度でいいのかというのは、この検査の性質にかかわっています。
グリコHbA1cは、端的にいってしまえば血糖値の30~50日の変動を反映している指標と考えられているものです。これを計るだけで、およそ過去一ヶ月間の高血糖状況が一目瞭然というわけです。糖尿病患者にとっては、一ヶ月に一度の定期テストみたいなものなのです。この数値によって糖尿病の進行度や合併症のリスクをおよそ見通すことができます。

瞬間的な血糖値を日々計測するよりは、効率的で合併症の予防のうえでも一般に広く使われている役に立つ測定方法です。

グリコHbA1cの単位はパーセントで表します。正常値は、およそ5.8%以下といわれており、患者各々によって目標値はことなりますが、およそ7%以下をキープすることが糖尿病患者にとっては好ましい数値といわれています。

特に厳密に考える必要はありませんが、とにかくこの数値の変化には注意すべきです。8パーセントだったのが9パーセントになったりと、数値が悪化した場合には血糖値のコントロールがうまくいっていないことを意味します。8パーセントそのままであればとりあえずは悪化していないのでその調子で努力を怠らないようにしてください。


スポンサーサイト


( 2010/12/10 10:10 ) Category 糖尿病の予防 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。